暮らしのこと

喪中はがきで故人がふたりの場合の文面は?文例を紹介します!

喪中はがきで故人がふたりの場合の文面は?文例を紹介します!

喪中はがきで『ふたり亡くなってしまった場合』ってどうやって書けばいいのでしょう?

ただでさえあまり書く機会がない喪中はがき。とても悩んでしまいますね。

故人がふたりいる場合は、どういった文面にすればいいのか。
もう悩まなくても大丈夫!

文例と、実際に私の使用した文面を紹介しますね。

喪中はがきで故人がふたりの場合の文例

故人がふたりいる場合でも、はがきは1通で大丈夫。

1枚のはがきに故人のお名前をふたり記載することができます。

名前をふたり記載する場合

喪中はがきに故人の名前ふたり書く場合の文例を、ざっくりとご紹介しますね。

お好きな文例を適宜変更して、ご使用ください。

文例1

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます

母 ●●●●が■月に●●歳にて
義祖父の ●●●●が■月に●●歳にて永眠いたしました

ここに平素のご芳情に厚くお礼申し上げますとともに
皆様に良き年が訪れますよう心よりお祈りいたします

令和■■年 ■■月

文例2

喪中のため年頭のご挨拶を差し控えさせていただきます

本年■月に祖母 ●●●●が
本年■月に義父 ●●●●が永眠いたしました

ここに生前のご厚情に深く感謝申し上げますとともに
明年も変わらぬご厚誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます

令和■■年 ■■月

文例3

喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます

▲▲▲▲の父 ●●●●が■■月に●●歳にて
■■■■の祖父 ●●●●が■■月に●●歳にて永眠いたしました

本年中に賜りましたご芳情に深く感謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほど謹んでお願い申し上げます

令和■■年 ■■月

故人の名前を書かない場合

亡くなったひとが多いから、あまり名前を入れたくないと思うこともあるでしょう。

名前を記載せずに、喪中であるということを示す文面だけでも大丈夫です。

文例3:名前表記なし

喪中のため新年のご挨拶をご遠慮申し上げます

本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼を謹んでお願い申し上げます

令和■■年 ■■月

ですが、故人が誰なのかを書かないことで、受け取った方が『どなたが亡くなったんだろう?』と心配されたり、不安に思われる可能性も出てきます。

もちろん、無理に名前を記載する必要はありません。

ですが、受け取った相手を不安にさせたり、余計な詮索を避けたいという場合は、名前を記載する事をおすすめします。

実際に私の使用した文面

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます

妻の父 ●●●●が■月■日に●●歳にて
妻の祖母 ▲▲▲▲が■月■日に●●歳にて永眠いたしました
本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますとともに
明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

平成■■年 ■■月

私の場合ですが、父と祖母が同じ月に亡くなったので、月だけでなく日にちも入れました。

月だけだと『もしかして同じ日に亡くなったの!?』などとあらぬ誤解が生じるかもしれないと思ったからです。

続柄を『妻の父』『妻の祖母』としたのは、受け取った相手に『誰が亡くなったのか』を分かりやすく伝えるためです。

『誰が』『いつ』『何歳』で亡くなったのかを、はっきりと伝えた方が、受け取った相手にとって分かりやすいかと思います。

喪中はがきの一般的なルール

喪中はがきって、明確な書き方やルールはこれって言いきれるものではないんです。

各家庭の考えや地域、それに宗教によって変わってくる場合がありますから。

でも送る以上は、受け取った相手に失礼のないようにしたい。

なので、『一般的にはこうしておけば問題ないよ』というルールを少し説明していきますね。

名前を書く順番

喪中はがきに故人の名前を書く場合、順番ってどうすればいいんでしょう。

男性と女性が亡くなった場合は、男性が先なのかとか。
年齢順なのか。夫側と妻側の親族が亡くなった場合、夫側が先なのか、などですね。

一般的には、亡くなられた順に名前を記載します。

年齢や立場のことは考えず、あくまで亡くなった日付順に書きます。

続柄

世帯主から見た場合の続柄を記載します。
一般的には、夫側からみた続柄ですね。

年齢は、数え年か満年のどちらを書くか

一般的には『数え年』を使います。
これは、仏事に関しては数え年で行っているところが多いので、葬儀のときと合わせるという考えからきているのでしょう。

が、明確なルールはなく、数え年と満年齢のどちらを使っても問題ありません。
最近では、満年齢を記載する方も増えています。

数え年よりも満年齢の方が、より相手に分かりやすく伝わると思ったので、私は『満年齢』を記載しました。

喪中はがきはいつまでに出す?

喪中はがきは、年賀欠礼の挨拶。年内に届けば問題ないとされています。

ですが、一般的には相手が年賀状を書く前の11月中旬から12月上旬に届くように出しましょう。

早めに作っておくことをおすすめします!

早めに喪中はがきを作成したほうがいい理由

理由はもちろん『お値段』。

お店によっては『早期割引』のサービスがあり、通常時より半額近く安くなることも!

なので喪中はがきは、早めに作っておくのがおススメ!!

まとめ

喪中はがきで故人がふたりいる場合の文例と一般的なルールを紹介しました。

普段あまり書く機会がなく、さらに故人がふたりとなったら、とても悩んでしまいますよね。

でもルールを知っておけば、意外と書き方はシンプルで簡単。

なるべく早めに作成し、11月中旬から12月上旬には届くようにしておきましょう。

受け取った方にきちんと喪中であることが分かるように、お伝えしましょうね!

ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります。
ABOUT ME
たちばな
カメラ・写真好き。十年来のPENTAXファン。 甘いものが好きだけど、おうち大好きなひきこもりなので、コンビニスイーツが好き。 とりあえず毎日がんばって生きています。