カメラのこと

【簡単】材料はすべて100円!100均グッズで物撮りシートを自作しました!【安い】

安くてかんたん。100均グッズで物撮りシートを自作したおはなし

インスタ映えとかに特に興味はなくても、きれいな写真が撮りたいという思いは誰にでもあるはず。

そのために必要なのはなんといっても物撮りシート!

物撮りシートとは背景用の紙(布)のこと。

単なる紙(布)といってしまえばそれまでですが、物をきれいに撮るためには必要不可欠なものといっても過言ではありません。

さて、この物撮りシート。

Amazonや楽天で売られていたりもしますが、市販されているものって大体A4サイズなんです。

はっきりいってちょっと小さい。

できればもう少し大きいサイズのものがほしいなと思ったので、作ってみることにしました。

ちなみに、材料はすべて100円ショップで揃います!

100円ショップで揃えた材料

物撮りシートの材料

必要な材料は、なんとたったの2種類!

  • カラーボード
  • リメイクシート

とりあえず今回は発砲スチロール製のカラーボードを2枚購入。

『両面に貼ってリバーシブルにして使えば、背景が4種類になる!』と、うっかり欲が出てしまったので、リメイクシートは4種類用意しました。

折り目が気になるので、ロールタイプのシートを希望していましたが、カラーボードの大きさが45cm×30cmだったので、1辺が30cmの折りたたみタイプのものを購入。

不器用なので、切るところは少しでも少ない方が失敗は少ないかなって。

材料はすべてダイソーで購入。お値段、税込みで648円也。

用意する道具

  • カッター(ハサミ)
  • カッターマット
  • 定規

ハサミを使えばマットも定規もいりませんが、たぶんカッターで切った方がきれいにできます。

物撮りシートを作ってみる

作り方なんてそんな大層なものはありません。

ボードに合わせてリメイクシートを貼って、余った部分を切るだけ。

簡単ですね。

1. リメイクシートを貼る

まずはリメイクシートを広げてみます。

けっこう折り目が付いてますね。

リメイクシートを広げた状態

でも、空気を抜きながらぴっちり貼っていけば、そんなに気になりません!

リメイクシートを貼ってみたところ

2. カッターで切る

端までぴっちり貼ったら、カッターで余った部分を切ります。

……どうでもいいけど、カッターきたないですね。

カッターで切る

3. とりあえず1枚完成

物撮りシート1枚完成。

1枚完成しました。

リメイクシートをボードに貼って、余った部分をカッターで切っただけ!

超簡単!!

この調子で、残りのリメイクシートをどんどん貼っていきます。

上手(?)に物撮りシートができました

物撮りシート その1
物撮りシート その2

ボードの両面にリメイクシートを貼って、リバーシブルな物撮りシートが2枚完成しました。やったね!

よく見るとよれてたり、うまく貼れていなかったりしますが、細かいことは気にしない。

どうせ撮るときに隠れます。

さっそく物撮りシートを使って撮ってみた

完成した物撮りシートを使って、写真を何枚か撮ってみました。

板壁風

板壁風シャビーシックホワイト

板壁風は、白い木でできたテーブルっぽくて、使い勝手がよさそうです。

なんとなくオシャレに見えるからふしぎ!

レザー調ブラック

レザー調ブラック

レザー調ブラックはちょっとカッコいい系の写真が撮りたいときに使えそうです。

一番失敗してしまったレザー調ブラックですが、失敗した部分が映らないように撮れば、ちゃんとイイ感じに見えますね。

大理石柄

大理石柄ホワイト

コスメ系ブログなどでよく見かける大理石柄。

100円で買った髪留めですが、なんとなく高級感があるように見えます。

レンガ柄

レンガ柄

レンガ柄は立てて使ってみました。

板壁風と一緒にセットして飲み物でも置いてみれば、カフェに来たような雰囲気の写真が撮れそうです。

これは間違いなく一番出番の多そうな組み合わせ!!

まとめ

物撮りシートを作るのは、とっても簡単。

100円ショップでリメイクシートとカラーボードを買ってきて、シートを切って貼るだけ!

シートを貼るときは、ずれたり失敗したらどうしよう……なんて考えずに、えいっと一気に貼ってしまった方が案外うまくいきます。

けっこう粘着力が強いので、下手にためらうと大変なことになります。……事実なりました。

多少しわになったり、空気が入っちゃったりしても、そこはうまく隠すなり、写らないようにしてしまえばいいんです。

ボードが白の場合、裏面は何も貼らずにレフ板代わりにしてもいいかもしれません。

市販品を買うのもアリだと思いますが、自分の好きなサイズの物撮りシートが欲しいのならば、やっぱり自作するのがおススメ。

でも作るのはやっぱり面倒だし、既製品がいいなって場合は、買っちゃうのも手ですね!

ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると、ブログ更新の励みになります。
ABOUT ME
たちばな
カメラ・写真好き。十年来のPENTAXファン。 甘いものが好きだけど、おうち大好きなひきこもりなので、コンビニスイーツが好き。 とりあえず毎日がんばって生きています。