Hanako監修の『タピオカウーロンミルクティアイスバー』がとてもおいしかった!

2019 8/11

唐突ですが、タピオカって今すごく流行ってますね。
街中を歩いていると、タピオカドリンクのお店で行列を作っているのをよく見かけます。

タピオカミルクティーは好きだけど、並ぶだけの体力と気力・根性がないヘタレな私。
『飲みたいけど並びたくない』と頭を抱え、結局その場を立ち去る羽目になるのです。

けれど今日は『並ぶのはイヤ』という私のワガママを満たしてくれそうなものを見つけたのでご紹介。

その名も『タピオカウーロンミルクティアイスバー』
雑誌『Hanako』の台湾特集とコラボしたアイスで、製造は栄屋乳業のアンディゴブランド。

近所のスーパーで149円(税込)で購入しました。定価だと172円(税込)かな。

目次

パッケージがオシャレで可愛い!

タピオカウーロンミルクティアイスバー
アイスなのでさっさと食べたいところですが、まずはとても可愛いパッケージをご覧ください。

ターコイズブルーにキラリと光るゴールドの文字。
台湾の伝統的な布『台湾花布』をモチーフにしているのだとか。
レトロ可愛くて、なんだか台湾っぽい感じがしますね。……台湾、行ったことないけど。

そして気になる『ブラックタピオカ入り』の文字。
スーパーやコンビニで買えるタピオカものは『タピオカ風こんにゃく』だったりすることが多く、おいしいけどちょっぴり騙された感があったりするのですが、これはちゃんとタピオカ。こんにゃくも入ってるけどね。

開封。ちょっぴり小ぶりなアイスバー

タピオカウーロンミルクティアイスバー
サイズはちょっと小さめ。でもきれいなミルクティー色のアイスバーの中にブラックタピオカのつぶつぶが見られ、ときめきが止まりません。

ミルクティーといえば、紅茶を思い浮かべますが、こちらは烏龍茶のミルクティー。
なんでも台湾では定番の組み合わせなんですって。

烏龍茶ミルクティーのお味はいかに?

タピオカウーロンミルクティアイスバー

写真を撮っているうちに、どんどん溶けていってしまうので、さっさといただくことにします。でもアイスはちょっと溶けた感じがおいしいよね。

まずはひとくち。口の中にふわりと広がる烏龍茶ミルクティーのお味に、心を鷲掴みにされました。
烏龍茶のほどよい渋みとミルクの甘みとのバランスが絶妙で、とってもおいしい!

コクのある烏龍茶ミルクティーがとてもおいしくて、ちょっといいところで飲むミルクティーの味がしました。

タピオカウーロンミルクティアイスバー
ブラックタピオカは冷たいアイスの中にあるというのに、もちもちとした食感がおいしくて楽しい。
タピオカの量はもうちょっとあった方が嬉しいかなと思いましたが、いいアクセントになって食べ応えもアリ。

あまりにおいしくて、あっという間に食べてしまいました。
食べた後も、お口の中に烏龍茶ミルクティーの風味が残って、なんだかいい気分。

おわりに

タピオカウーロンミルクティアイスバー
気になるカロリーは106kcakと、なかなか嬉しい低カロリー。
タピオカは太るとよく言いますが、これならばあまり罪悪感は感じません。もちろん食べすぎには注意が必要ですが。

タピオカドリンクのお店に並ばなくても、ちょっと本場っぽい味が楽しめる『タピオカウーロンミルクティアイスバー』
おいしいのでぜひぜひご賞味ください。

私はお店から姿を消す前に買いだめして、冷凍庫にストックしておこうと思います。それぐらいおいしかったですよ。

目次
閉じる